管工事施工管理技士が担う役割とは?資格取得についても解説!

皆さま、こんにちは。

神奈川県横浜市で給排水設備・空調設備・リフォーム工事を手掛けている株式会社金子産商湘南です。


近年、日本では建設業界が盛んになり、その中でも管工事の需要が高まっています。これに伴い、管工事施工管理技士の需要も増加しています。管工事施工管理技士の資格を取得することで、給料アップが期待できるだけでなく、業界での信頼性も高まります。ここでは、管工事施工管理技士の資格取得がオススメな理由を詳しく説明します。


管工事の需要が高まっている

近年、人口減少による住宅需要の減少や災害の発生による建物の修繕・改修など、様々な要因が重なり、建設業界が活況を呈しています。特に、水道やガスなどのライフライン設備は欠かせないものであり、その施工にあたっては、管工事施工管理技士の役割が重要な役割を果たします。このため、管工事の需要が高まっている中で、管工事施工管理技士の需要も増加しています。


管工事施工管理技士の資格を取得するメリット


昇給や昇格の可能性が高まる

管工事施工管理技士の資格を取得していると、昇給や昇格の可能性が高まります。管工事施工管理技士は、建設業界において重要な役割を担う仕事です。そのため、資格を取得していることで、より責任ある仕事や、より高い給与が支払われるポジションに就ける可能性が高まります。


転職の際に有利になる

資格を取得していると、転職の際に有利になります。資格を取得していることで、自分のスキルや知識を証明することができます。また、資格を取得していることで、転職先での即戦力として活躍できると判断され、採用されやすくなります。


業界での信頼性が高まる

管工事施工管理技士の資格は、建設業界においては非常に信頼性が高いものとされています。このため、資格を持つことで、業界での信頼性が高まり、仕事の幅が広がることが期待できます。

を受け、より高い単価で仕事を受注できるようになります。


スキルアップができる

管工事施工管理技士の資格取得には、一定の技術や知識が必要です。そのため、資格取得に向けた勉強や試験対策を通じて、スキルアップができます。また、資格取得後も、知識や技術の向上に努めることで、仕事のクオリティーが向上し、より高度な仕事に携わることができます。


将来性が高い

建設業界は、今後も盛んになることが予想されています。そのため、管工事施工管理技士の将来性も高いと言えます。また、管工事施工管理技士は、年齢や経験による差別化が少ない資格であるため、将来的にも活躍の場が広がることが期待できます。


管工事施工管理技士の資格について

資格取得に必要な条件とは

管工事施工管理技士の資格取得には、一定の要件があります。

1級と2級で受験資格が異なり、それぞれの資格を満たさなければ受験することができません。


2級管工事施工管理技士の受験資格


大学・専門学校(高度専門士)卒の場合

指定学科卒業 1年以上

指定学科以外 1年6か月以上


短大・高等専門学校・専門学校(専門士)の場合

指定学科卒業 2年以上

指定学科以外 3年以上


高校・中学・専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)の場合

指定学科卒業 3年以上

指定学科以外 4年6か月以上


1級管工事施工管理技士の受験資格


大学・専門学校(高度専門士)卒の場合

指定学科卒業 3年以上

指定学科以外 4年6か月以上


短大・高等専門学校・専門学校(専門士)の場合

指定学科卒業 5年以上

指定学科以外 7年6か月以上


高校・中学・専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)の場合

指定学科卒業 10年以上

指定学科以外 11年6か月以上


資格取得の方法

管工事施工管理技士の資格取得には、一定の試験に合格する必要があります。試験は、年2回実施されており、申し込みから合格までには、最低でも1年以上の期間が必要とされます。大学、専門学校での学習を通じて、合格率の向上を目指すことが重要です。

また、資格取得に対して一定の費用が必要です。具体的に、試験料は第一次検定 5,250円 / 第二次検定 5,250円の計10,500円になります。その他に、教材費、専門学校の授業料などが必要になるため、事前に費用面を考慮しておくことが重要です。


管工事施工管理技士の働き方

社会貢献性の高い仕事ができる

管工事施工管理技士の仕事は、水道やガス、空調などの重要な設備を設置する仕事です。そのため、社会貢献性の高い仕事であると言えます。


給料が高くなる

管工事施工管理技士の資格を取得することで、給料アップが期待できます。資格手当が支給される場合や、昇給や昇格の際に有利になる場合があるからです。


やりがいのある仕事ができる

管工事施工管理技士の仕事は、工事の計画から完成までを責任を持って行う仕事です。そのため、やりがいを感じられる仕事であると言えます。


管工事施工管理技士が担う役割



施工管理

施工の進捗状況を管理し、工事が計画通りに進んでいるか、安全に施工が行われているかなどをチェックし、必要に応じて指示を出します。


品質管理

工事の品質を管理します。管工事には、水道やガス、空調などの重要な設備が含まれるため、安全かつ確実に施工を行う必要があります。


安全管理

工事の安全を管理します。管工事には、高所作業や危険物取扱いなど、危険を伴う作業も含まれます。安全対策を徹底し、事故の防止に努めます。


管工事施工管理技士の必要なスキル

管工事施工管理技士に必要なスキルとして、以下のスキルが求められます。


管工事に関する専門知識

管工事に関する専門的な知識を身につけておく必要があります。具体的には、管工事の種類や構造、材料、施工方法、安全対策などに関する知識が必要です。


コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルを身につけておく必要があります。具体的には、発注者や施工業者、職人など、様々な関係者と円滑にコミュニケーションをとるスキルが必要です。


リーダーシップ

リーダーシップを発揮できる必要があります。具体的には、工事の進捗状況を管理し、職人を統率して工事を円滑に進めるためのリーダーシップが必要です。


管工事施工管理技士の未来

建設業界が今後も盛んになることが予想される中、管工事施工管理技士の需要も高まることが期待されます。また、社会的責任が求められる建設業界において、資格を持つことで、より高いスキルや知識を持ち、より安全で品質の高い施工を行うことが期待されます。


まとめ

建設業界において需要が高まる中、管工事施工管理技士の資格取得は、給料アップや業界での信頼性の向上、スキルアップなど、様々なメリットがあります。しかし、資格取得には、一定の要件や費用が必要となるため、計画的に取り組む必要があります。今後も建設業界で活躍するためにも、管工事施工管理技士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。


株式会社金子産商湘南では、共に働いてくれる設備工事スタッフを募集しております。

弊社は設備工事全般を手掛けているため、幅広い技術が身に付き、設備工事のプロを目指せます。

未経験の方でも大丈夫!経験豊富な先輩社員が一から教え、資格取得も積極的に支援します!

経験者の方は今までの経験と技術を弊社で生かしませんか?あなたのキャリアアップを全力で応援します。

設備工事に興味のある方、人々の生活を支える仕事がしたい方は是非一度株式会社金子産商湘南までお気軽にお問合せ下さい。


お問い合わせはこちらから!



アーカイブ

人気記事